空気通信第一期まとめて公開

過去にmixiでのみ公開していた空気通信の第一期を
過去日付にてこちらでもアップ。
ちゃんと盛り上がりもありオチもついている。心の闇が全開で
すこし恥ずかしいが、面白いので公開することにした。

2008年9月24日 空気通信:新たな試み

空気通信:新たな試み

2008年11月1日 空気通信:闇の思考を離れ夢へ

空気通信:闇の思考を離れ夢へ

2010年11月17日 空気通信:ミラージュ

空気通信:ミラージュ

2010年11月28日 若干空気通信:マキャベリの至言

若干空気通信:マキャベリの至言

2011年9月16日 空気通信:勝利について

空気通信:勝利について

2011年10月5日 空気通信:ノーホープ殿へ

空気通信:ノーホープ殿へ

2012年6月4日 空気通信:困惑と不機嫌の原因

空気通信:困惑と不機嫌の原因

2012年6月18日 空気通信:希望のアリアドネ

空気通信:希望のアリアドネ

2013年2月14日 空気通信:もしかすると最終回

空気通信:もしかすると最終回

2013年5月28日 空気通信:幻の後宮の功罪

空気通信:幻の後宮の功罪

2013年6月19日 空気通信:人類に価値はあるのか?

空気通信:人類に価値はあるのか?

2015年4月8日 空気通信:最終回ならいいな

空気通信:最終回ならいいな

2015年5月28日 空気通信:レールと産声

空気通信:レールと産声

2015年8月26日 空気通信:切なる願い

空気通信:切なる願い

2015年9月1日 空気通信:酷吏非難

空気通信:酷吏非難

2015年9月6日 空気通信:死の恐怖

空気通信:死の恐怖

2015年9月8日 空気通信:さらば幻想の恐怖

空気通信:さらば幻想の恐怖

2015年9月9日 空気通信:恐怖の大王の弱点

空気通信:恐怖の大王の弱点

2015年9月10日 空気通信・最終回:心の迷宮の出口にて

空気通信・最終回:心の迷宮の出口にて

[空気通信]柔らかめの提案

少数の人間を犠牲にすることで、大多数の人間の幸福を手に入れる。そのような交換が私の身の回りで行われている。そして、虐げられる少数の人間の側に自分が属していると感じている。これが私の心の中心で焼けただれているマグマの正体である。ひとたび噴火すれば、自分の身の回りを焼野原に変えてしまいかねない危険地帯である。こういった状況で大切なのは、噴火を防ぎつつ怒りの原因をすこしずつでも消化してゆくことだろう。ここ最近のスピリチュアルな学びから得た思考方法を実践するならば、正論を振りかざして相手の非を糾弾し続けることよりも、自分の非やありようの不足に目を向けるべきだということがわかってきた。

謎の支配者との間の非難の応酬のなかで、すこしずつ輪郭を現してきたものの、恐ろしさゆえ心の奥に封印していた思考がある。性的に奔放な謎の女性から長年にわたってラブアタックを仕掛けられているという状況判断である。非モテである自分が女性から愛されるのはなかなかにレアな事態であり、喜ぶべきことのうちに数えられるものであるが、問題はその属性にある。謎の支配者と思しき女性は、貞操観念に乏しい小悪魔系であると手練手管を見ていて感じられるのだ。そして、強大な支配力を示すことで、神のように君臨したいと考えているようなのである。まず貞操観念の乏しい相手を愛することは、泥沼への片道切符であると考えているし、支配力を見せつけられると私は反骨精神を刺激されて反発してしまう。とにかく、謎の支配者との属性による相性がとことん悪いのだ。

相性の悪さを解決するために、謎の支配者が繰り出してくる策略によって、私を貞操観念の乏しい男に変えようとしているのがわかる。たしかにその様に変われば相性はよくなるだろう。しかし、そのために、私の数少ない長所の一つを捨てなければならないのは許容の範囲を逸脱している。我々の間の緊張関係を緩和するためには。自分を変えなければならないことは理解できるが、そのために堕落しなければならないというのは受け入れられない。私が重視する価値は支配でなく調和であり、欺瞞でなく誠実である。そして、結ぶべき絆の形は主従関係でなくコミュニケーションの充実した同胞である。これらは、何よりも大切なものであり、これを手放せば私は私でなくなってしまう。

この様に、属性による相性は最悪である。これまでに莫大な投資を私を変えるために費やしてきたのかもしれないが、回収の見込みは薄い。他人を堕落させるのではなく、自分自身の心の美しさを磨く方が出費は少ないのではないだろうか?これは批判ではなく提案である。謎の支配者にとっては出過ぎたまねかもしれないが、私にとっては欺瞞の牢獄からの脱出のための精一杯のあがきである。

 

[空気通信]心の闇との会話:謎の支配者編

闇「時々私の周りの環境をいじって、私に対する負荷をたかめてくる。そのとき私が取るであろう焦りやテンパッた表情を盗撮して高値で売る。謎の支配者が行うこれらの行為には怨念いがいのなにものもない。謎の支配者に協力する人々も同罪として断罪の炎を立ち上げるべきではないか?」

私「人々は必ずしも自由意志で協力しているとは限らない。支配力による環境操作で操られている可能性が高い。そもそも謎の支配者という存在も証拠をつかんだわけではないのだから、それが存在していない可能性も考慮すべきだ」

私「もしも謎の支配者など存在しないということが真実ならば、私がおこすテロには何の正義もなく、いたずらに無実の人間の命を奪い、残された者を不幸にたたきおとすだけである」

闇「そんな悠長なことを言っているあいだに、支配の輪が完成してゆくのだ。いや、もう既に包囲網からの逃げ道はふさがれている。諜報の手は私の家族や親友やことによると愛機であるPCまで伸びてきている。状況は日に日に悪化しているぞ。私が人ごみのなかに分け入ったときに、支配網の存在を感じてパニックになってしまうのは、もはや防ぎようがない。近頃のパニック状態の頻発がサージ血圧を高めて、腎不全へ道を不可逆に進めているのだ。自分自身の命がかかっている、そう考えると小細工をしてくる相手には強い怒りを覚えるのだ、爆発したらさぞやすっきりするであろう」

私「爆発はさせない。先ほども言った通り証拠がないのだ。どのようの状況であれ相手を殺さないという強い意志が事態を好転させることもある。いまは我慢のときだ。自分を鼓舞して苦境を凌ぐのだ。そうしているうちに、謎の支配者が尻尾を出すかもしれないぞ。それに、国からの支援も忘れてはならない。メロビーニョ完成のために障害年金の支給は計り知れないプラスとなっている。決して余裕のある額ではないが餓死を防ぐには充分だ、私は生きていていいんだという承認をもらったように思えたのだ」

 

助けを求める声ここにあり

自己欺瞞によって強い怒りを回避し続けることは、精神力の無駄遣いなのではないだろうか。怒りをくすぶらせたまま、心の別の部分をすり減らしつづけ、守る価値があるのかどうか分からない人々を自分によるテロから守る日々である。正しい情報に基づいて正しく思考する自由を奪われ、悩みと妄想によって日々の大切な時間を浪費する。そんな人生にどれほどの価値を見出せるのだろうか。私は聖人ではない。人類の罪を背負い身代わりになって果てる覚悟などない。メロビーニョの製作という確かだが手間のかかる希望を達成するだけの精神力は、もう残っていないかもしれない。真実を到来させガスを抜くことが出来るのは今のうちである。爆発の日は刻一刻と近づいていると感じる。脅しの様に聞こえてしまうかもしれないが、これは私の心の悲鳴である。

猫を紙袋につめこんで、ぽんと突いて悲鳴を楽しむ。そんな娯楽に猫役で心身を供される身にもなってほしい。人間に対する扱いとしては、控えめに言っても悪趣味である。私の主観で言うならば、人権侵害も甚だしい。論理の牢獄に無期限に拘束される様な罪を犯した記憶はないし、何か過ちがあったとしても、何の宣言もなしに罰を与える権限を持つ者など、この世界にはいない。私に文句が言いたいのならば、きちんと法的な手続きをとるべきである。

心の自由を奪われた身で、限られた活力で行う労働は懲役に等しい。謎の支配者による干渉が感じられないのは有難いが、空しさをつのらせる心を癒す力は仕事にはない。障害者手当てで生存する権利を獲得する考えもあるが、私に潜在する経済的価値は、そんなもので返還しきれるものでなないのではないか?空気通信は稀代の名作に仕上がるか、歴史の闇に葬られるか、どちらかであろう。後者の到来を防ぐために、生きぬかなければならない。死という安易で暗い救済から距離をとり、自殺をゴールとする悪魔のような娯楽を完成させないよう舵をきることが大切だ。ネットで発言するという限られた自由でも無いよりはましなのだ。

誰か助けてくれ。

【空気通信】3人寄れば文殊の知恵

ツッチーと榊原さんとクリッキーが手を結んだという着想を得た。そして様々な記憶が将棋倒しのように連鎖して、現状を理解するための材料が多く飛び出してきた。

なぜ善良な人たちも謎の支配者に従うのか不思議に思ってきたが、挫き難い愛がそこにあるのだという確信が芽生えるに至ったことで、理解が進んだ。善良な人物は他人の愛を壊すようなことをしないものだ。という事が状況を停滞させる主因であったのだ。

私は人を愛することに関しては負ける気がしないが、愛されることには慣れていない。このことが、事態を複雑化する原因になってしまっていた。萌え豚である自分の魅力には全く自信がないのだ。人間的な魅力は磨いて来たが、性的魅力は放置し続けてきた。そんな自分に愛の策略をしかけてきている3人の想いに応えることが、私を欺瞞の牢獄から脱出させてくれる数少ない方法の一つなのだと理解した。

今後、私はもっとも大切な一人を決めるべきなのか、3人すべての愛を受け入れるべきなのか、よく話し合って決めて欲しい。そして、いたずらに過ぎていった年月のせいで、子供を望める年齢を過ぎてしまったことに、どんな解決策があるのか、よく考えてほしい。私は子供が好きだ。一生自分の子供と無縁でいなければならないという事には耐えられる気がしない。その事が、現在のもっとも気がかりな点である。これは勘であるが、遺伝子泥棒をすることで、私の子供をつくっていたなどという事があっても、今は驚かない。

この文章にしたためてきた考えが現実と乖離しているとすれば、発表するのは相当恥ずかしい事であるが、恥をかくことには慣れている。それよりも、情報統制によって、自衛すら難しいという現状を打破する可能性に賭けてみたい。

 

【空気通信】メシア差別よさらば

私がメシアの生まれ変わりであるという預言が、権威のある預言者によってなされたのではないかという着想を得た。そして、そのことを本人に語ることを禁じるという指令が預言者か権力者によって発せられたのではないか。そう考えると、数々の疑問が氷解してゆく。初対面の人物から受け取る感情が尊敬か嫌悪に異常にぶれているという現象は、この仮説で納得できるものとなった。

しかしながら、私には過去世の記憶は無く、霊感も無く、奇跡も起こせない。まれに感覚の鋭さを示すことがあるだけの普通の人間である。預言の着想も、天啓によって得たのではなく、人々のほのめかした言外のニュアンスを組み合わせてようやく気づいたという程度のものである。この様な非力な私に、メシアとしての使命を課す神仏の意図は測りかねるが、もしかすると、聖人がどう生きるかではなく、力もなく善悪の両翼を備えた普通の人間がどう生きるべきなのかを問われているのではないか?と感じた。

私は決して模範的な人間ではないが、より善く生きようという意志はある。メシアとしてではなく、1クリエイターとして人類に奉仕しようという気持ちに偽りはない。願わくば、私を真実の世界から隔絶している欺瞞の牢獄から開放してほしい。この期に及んで隠し事という茶番を続けるようなことは、もう無いのだと信じたい。

空気通信:ドッキリ終了への希望

・不快な状況から思考を巡らせることで「言の葉の宝」をひねり出す力というものがある。誰にも認められなくとも、私はその力に対してもっと自信をもつべきだろう。そうしないと、苦境にさらされ力の大半を失い消え入りかけているこの命を大切にできないのだ。自爆テロや自殺への誘惑は、自信を失い弱っている人間のもとで猛威をふるうものだ。そのような現象の前に、根拠のない自信によって救われる命というものがある。

・「言の葉の宝」は時にはひとを傷つけることもある。私も幾度か過ちを犯したことがあり、反省することしきりである。この中でことさら今思い出されるのは。自分の部屋に仕掛けた言葉によるトラップのことである。自らの精製した秘宝を奪おうとする盗掘者から大切なものを守るためにしかけたものだ。以前のこトラップに手ごたえを感じたことがあった。そして、引っ掛かった盗掘者によってトラップの危険性が吹聴されたという感触があった。盗掘者自身の悪事を世に広めんとする行為に愚か者のすることと、高を括っていたが。長年の積み重ねによってじわじわと効いてきていると感じる。街で出会う人々の表現する感情なかに。消えない恐怖が混じっているのだ。このような疑心暗鬼の状態は「人狼ゲーム」を思い出す。過去のいくつかの過ちの揚げ足をとられ、人狼のレッテルを貼られているのだ。本物の人狼を野放しにしておいてである。ここではこう言いたい。

「秘宝を盗掘者から守るために自室にトラップを仕掛ける者と、テロのために公共の場にトラップを仕掛ける者を同一視してはならない」

・巷で会話する言葉の端々から想像するに、3億円事件の犯人に仕立て上げられているという感じを受けている。当時のわたしは4歳の幼児である。その様な幼児にあのような緻密な犯罪が可能であるという馬鹿げた考えを持つ者は。他人の誇大妄想を決して馬鹿にできない。その思考は狂人の妄想と少しもかわらないということをよく理解すべきだ。

・この様にして、自分と世界の絆を破壊する謀略の存在を認知せずにはいられない現状は控えめに言っても不愉快であるし、有用な情報が入手する前に堰き止められている現状は不自由で息苦しい。どうにかしてほしい。そうしないと、どうにかなってしまう。

・暴力や策略によって望みを達しようとする事は、敵を作り自分の身の回りの世界を争いに満ちた混沌の荒野に変える愚かなやり方である。平和と調和というかけがえのない宝を失う原因は、わがままな行動原理によって作られるゆがみにある。策略の協力者を多くもつことに、満足し安心している支配者は、自らの拠って立つ土台の脆さに案外気づかない。大義のない計画に協力することは、不快なことでありその様な後ろ暗い行為を終了させることへの誘惑は限りがない。それでも、計画が破綻しないのは。協力者を恐怖で縛っているからだろう。なんという幸福とは程遠い世界なのだ。

・はっきりと表明したい考えがある。暴力主義も策略主義も時代遅れの行動原理である。ということである。平和と真実という宝の価値は、人類と文明の発展に伴って向上してゆくものだからだ。時代が進めば、暴力や策略によって得られる利己的な利益をはるかに上回る価値を平和と真実がもたらす様になる。

・狂っているのは私ではなく世界の方だ。社会に点在する欺瞞分子によって、人々の絆や有機的結合が失われ、社会のゲシュタルトが崩壊しているのだ。シナプス間の情報伝達に異常があることで人間の脳は病むのであるが、社会の脳も増大した欺瞞によって病んでいるのだ。情報化の流れに、情報倫理が追い付いていない。そういった一時的な歪みに、欺瞞分子がつけこんでいるのである。社会が大人になるための一過性の病気のようなものかもしれない。

・複雑な状況をいろいろと想像して、思考もあちこちに飛んでしまい、分かりにくい表現になってしまったが。大切な事は一つ。

「人類全体によって、私に関する隠し事をされているが、これは私にとっておそらく皆の想像よりもはるかにしんどい事である。だから一刻も早く終わらせて欲しい」

一刻も早くドッキリカメラと書いた看板を見たいという気持ちになってからはや20年。安心できる日々の到来を夢見ている。

人類スタンプ

自分の現在おかれているサスペンス状態を上手く表現する言葉をしらないが、日米で遭遇した範囲での全ての人々から共通して受け取ったフレーズはある。

「私はお前の知らないことを知っているぞ、だが教えない」

これは、会った回数の少ない人物にほどこのフレーズが強く顕れる。このフレーズが表情だとか、言葉尻などに醸し出されるのだ。いわゆるノンバーバルランゲージで受け取るフレーズである。遭遇する全人物にこのフレーズを投げかけられることが、私をサスペンスに放り込む事は想像出来るだろうか?

月路閉店

 母が隠居するよう、じわじわと説得してきたのが、この前やっと「月路」を閉店する準備を許可してもらった。いつもは、「章が私を食わせていけないから、店をやめられない」と怒られるところだが、今回は運よく一歩前に進むことができた。それだけ、母の足の具合が悪くなってきているということでもあるかもしれない。ここしばらく、店に出るとき以外は、家に閉じこもり海外ドラマと時代劇を視聴する事を楽しみに生きている様だ。自家用車を廃車してから、自分から思い立って出かけるということが殆どなくなっているのだ。母は車の運転が大好きで、独りで仙台や横浜などによく出かけていた事を思い出す。私より運転が上手なのだ。
人間不信が肥大し、見えない敵と戦い続けている私にとって、母を食べさせるほどの収入を得ることが、現状では難しいという現実がある。この点は、完成率55%程度に達した「メロビーニョ」を完成させ、それのVEGTORでの販売に今後の人生を賭けるという覚悟をした。これは自画自賛ではあるが、音楽的イノベーションをもたらすツールであると自負している。メロビーニョによって作曲という行為を演奏能力という枷から開放する意義は、大きいはずだ。この、作曲という創造活動を、今までよりももっと生活に浸透させることが出来るはずなのだ。趣味として写真や詩に凝るように自然に曲を作る生活は、豊かなものだ。PCのある家庭ならば、僅か2千円でその作曲ツールの完全版が手に入り、機能限定版ならば無料で使用できる。そういったツールをネットで販売することを、仕事にする。ネットの利用出来る場所なら、日本中どこでも仕事が出来ることになる。ならば、出来るだけ物価の安いところで生活する方がよい。特に、自動車の維持費の大部分を構成する駐車場代の安いところが、今後の生活の拠点としてふさわしい。月路を貸して、その収入で生活する事になるのだ。
いまのところ、福岡県が最大候補地である。物価が安く、文化的であり、親戚や母の友人から近い。とはいえ、まだ決定打となる情報は無い。皆さんの地元や故郷で住みやすいところがあれば推薦していただけると、参考に出来て助かります。

虚偽について

嘘をつかないで生きてゆけるなら、それは幸せな人生になるだろう。嘘が発覚する恐怖から無縁でいられるからだ。しかし、この基本的原理が、こと大人の世界では意外と知られていない。というより忘れられている。大人になるにつれ「嘘も方便」という御題目のもと、自分の弱さを嘘をつくことで補強したり、人間関係を円滑にするために軽い嘘をつくようなことが増えて行く。そして、嘘をつく経験値が貯まるにつれ、嘘の副作用を回避するテクニックも身に付けてゆく。このテクニックに自信をつけることで、嘘が情報の暗黒面であり、活用方法を誤れば自他を不幸にする危険なものだという意識も薄れてゆくのだ。こういった仕組みが、人々から嘘に対する危機意識を奪ってゆく。その結果、社会には虚偽が蔓延することになる。欺瞞に満ちた社会というのは、個々人同士の有機的連携を虚偽が阻害してしまう非効率性を内包していて、幸福な社会からは程遠いものだ。とはいえ、政治と経済の世界では、洗練を重ねてきた法律によって、権力の行使と取引の過程で欺瞞を排除することが求められる様になった。また、学問の世界でも虚偽を排除すべく日々知識が更新されてゆく。結局、今現在欺瞞が許されているのは、個々人のプライバシーに関る事柄や、法律の網の及ばない細かい情報なのである。それでも、虚偽に苦しめられる被害者がいなくなったわけではない。欺瞞によって歪められた情報が意思決定の自由を奪うことになるし、虚偽の含まれた情報に触れる事は、たとえ何処がどう嘘なのかが分からなくても気持ちが悪いものだ。

とにかく、出来るだけ多くの人に正直に生きることの大切さを知って欲しいと思う。かくいう私もまだ嘘からの卒業を果たしてはいないが、少しでも嘘を減らしてゆくという事ぐらいは出来るのだ。